マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、新統合型リゾート「リスボエタ」概要発表…2020年オープン予定=古き良きマカオの町並みを再現、世界初ロクシタンとのコラボホテルも

観光2018/10/19 12:53

マカオテーマパークリゾート社は10月18日、マカオ・コタイ地区のマカオドーム横の区画で開発を進める新統合型リゾート開発プロジェクトの概要を発表した。

名称は「リスボエタ(英語名:Lisboeta、中国語名:葡京人)」とし、プロジェクト総工費は50億香港ドル(日本円換算:約717億円)、敷地面積は10万6015平米、延床面積は14万1035平米。このほか、2万平米の屋外多目的スペースも設けられる。すでに着工しており、2020年の開業予定。

リゾート全体の設計コンセプトは古き良き時代のマカオの町並みといい、かつてマカオに存在した「エストリルホテル」、海上カジノ「カジノマカオパラダイス」といった1960年代の代表的建築物を再現。過去から現在、そして未来のマカオを体感できる仕掛けが用意されるとのこと。

リゾートには3つのホテルを併設。自前ブランドのリスボエタホテルのほか、いずれも世界初となるフランスのコスメティックブランド「ロクシタン」、通話アプリLINEのキャラクターブランド「ラインフレンズ」とコラボしたホテルになるという。3ホテルとも直営で、総客室数は850室を予定している。

その他、遊園地要素やシアターといったレジャー施設も入るとのこと。現時点でギャンブル要素は含まないとした。

マカオ・コタイ地区に2020年オープン予定の新統合型リゾート「リスボエタ」イメージCG(写真:Macau Theme Park and Resort Limited)

マカオ・コタイ地区に2020年オープン予定の新統合型リゾート「リスボエタ」イメージCG(写真:Macau Theme Park and Resort Limited)


記者発表会でプレゼンを行うマカオテーマパークリゾート社のアーノルド・ホー取締役=2018年10月18日(写真:Macau Theme Park and Resort Limited)

記者発表会でプレゼンを行うマカオテーマパークリゾート社のアーノルド・ホー取締役=2018年10月18日(写真:Macau Theme Park and Resort Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース