マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの18年1〜9月累計カジノ税収17%増の約1兆1213億円…歳入の8割占める=年度予算執行率は早くも97.5%に

カジノ10/22 15:05

マカオ政府財政局が10月18日付で公表した最新の財政収支データによれば、今年(2018年)1〜9月累計の歳入は前年の同じ時期から16.0%増の992億9360万マカオパタカ(日本円換算:約1兆3862億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は94.3%となった。

このうち、ゲーミング(カジノ)税収は17.0%増の803億1950万マカオパタカ(約1兆1213億円)で、年度予算執行率は97.5%。歳入に占めるゲーミング税の割合は80.9%。

マカオにおけるゲーミング税の税率は、カジノの場合で売上のおよそ40%に設定されている。マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続で前年割れとなったが、以降、今年9月まで26ヶ月連続で対前年プラスを維持している。

歳出は7.2%増の535億2110万マカオパタカ(約7472億円)で、年度予算執行率は54.4%にとどまった。投資計画分が対前年で2桁増となっているが、経常性費用に限ると5.8%増。

財政収支は457億7250万マカオパタカ(約6390億円)の黒字で、前年同期から28.3%増、年度予算執行率は661.2%にも達している。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース