マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港と珠海・マカオ結ぶ「港珠澳大橋」開通…香港〜マカオ間がバスで約40分=世界最長約55キロの跨海架橋プロジェクト

珠江デルタ10/24 21:32

中国が国家プロジェクトとして推進してきた香港と珠海(広東省)、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」が10月24日午前9時に正式開通した。

港珠澳大橋は海底トンネルと複数の海上橋などで構成され、接続道路を含む総延長は世界最長の55キロに上る。2009年12月に着工し、開通までおよそ9年の月日を要した。設計寿命は120年。イメージとしては日本の東京湾アクアラインに近く、港珠澳大橋にも海底トンネルと海上橋の境になる人工島に「海ほたる」のような施設が設けられる。

港珠澳大橋は自動車専用道路で、最高速度は橋梁部が時速100キロ、トンネル内が時速80キロの設定。主要な公共交通手段としてマカオと香港の各イミグレーション施設間を約40分で結ぶシャトルバスが挙げられる。24時間運行で、運行本数は1日あたり200本超を計画。運行頻度はピークアワーは5分以内に1本、ノンピークアワーは10〜15分に1本、午前0時から午前6時の深夜時間帯は15〜30分に1本程度の見込み。片道運賃(大人)は午前6時から午後12時までが65マカオパタカ(日本円換算:約906円)、午前0時から午前6時までが70マカオパタカ(約975円)。

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

マカオ市街地と港珠澳大橋のマカオ側イミグレーション施設との間には路線バスの2つの新路線が設定されるほか、カジノ・リゾートホテルのシャトルバスやタクシーも乗り入れる。香港市街地と港珠澳大橋の香港側イミグレーション施設との間にも路線バス、ミニバス、タクシーが乗り入れるとした。港珠澳大橋を経由して香港市街地とマカオ市街地、広東省の珠江西岸各都市の間を結ぶ長距離バス路線も複数ルート運行されるほか、クロスボーダータクシーもお目見えする。

橋の東の出入口は香港国際空港に近い香港・ランタオ島沖の人工島、西側の出入口はマカオ半島の北東沖の珠澳人工島で、島の北半分が珠海市、南半分がマカオ特別行政区の管理区域となり、イミグレーションビルは両方に跨って建つ。よって、マカオと珠海の間は徒歩で往来できる。マカオと香港の間の出入りは即24時間対応するが、マカオと珠海の間の徒歩での往来は開通後しばらくの間は午前8時から午後10時までに限定するとのこと。

マカオ治安警察局の発表によれば、開通初日の午後7時までのマカオ側イミグレーション出入境者数は延べ1万2243人だったとのこと。記者が午後5時頃にマカオから香港へ向かった際、シャトルバスの乗車券売場、通関、バス乗り場とも待ち時間ゼロでスムーズに利用することができた。

なお、正式開通に先立ち、前日にあたる23日に珠海側イミグレーション施設で開通式典が開催され、中国の習近平国家主席、香港及びマカオの両特別行政区の行政長官ら要人が出席。式典終了後、施設を視察した。

港珠澳大橋開通式典でスピーチを行う中国の習近平国家主席=2018年10月23日、中国・広東省珠海市(写真:GCS)

港珠澳大橋開通式典でスピーチを行う中国の習近平国家主席=2018年10月23日、中国・広東省珠海市(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース