マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、無料インフルエンザ予防接種計画の接種者3割増に

社会・政治11/24 10:06

マカオ政府衛生局(SSM)は11月23日、今年(2018年)9月24日に開始した2018-2019年シーズンの無料インフルエンザ予防接種計画について、11月22日までの接種者が前年の同じ時期から29%増となる8万6674人に達したと発表。

目下、同計画は、生後6ヶ月から18歳以下、50歳以上、学校関係者、医療関係者、カジノ勤務者など、高リスクとされるマカオ居民(マカオ居留権保有者)を優先対象として実施されている。接種率は3歳以下の幼児が26%、幼稚園児が59%、小学生が60%、中学・高校生が47%、65歳以上が26%、高齢者介護施設入所者が69%で、いずれも想定通りとのこと。

SSMでは、2018-2019年シーズン向けにインフルエンザ4価ワクチン15万本を購入。有名製薬会社の製品で、ドイツ及び米国で製造されたものという。例年、マカオのインフルエンザ流行は1〜3月にピークを迎えるとし、高リスク層に対して、早期の接種を呼びかけている。

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

マカオ政府衛生局(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース