マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

港珠澳大橋マカオ側イミグレーションなど2箇所からのタクシー利用に追加料金適用へ…12月8日から

観光11/26 10:35

11月26日付のマカオ政府公報に今年(2018年)12月8日から港珠澳大橋マカオ側イミグレーションビルとコタイイミグレーションの2地点からタクシーを利用する際、5マカオパタカ(日本円換算:約70円)の追加料金を新たに適用するとした行政長官令が掲載された。

理由については、タクシーが2地点に乗り入れるのに必要とする時間及び燃料負担を補償するためとし、追加料金の適用によって、より多くのタクシーが当該地点に乗り入れることを促すものとしている。

マカオ国際空港、タイパフェリーターミナル、横琴島のマカオ大学新キャンパスを含め、利用時に追加料金が必要となるのは合計5地点となる。

港珠澳大橋のマカオ側イミグレーションビル(資料)=2018年10月24日本紙撮影

港珠澳大橋のマカオ側イミグレーションビル(資料)=2018年10月24日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース