マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

港珠澳大橋開通1ヶ月…マカオと香港のイミグレーション間結ぶシャトルバス利用者は延べ60万人超

珠江デルタ11/29 18:38

中国が国家プロジェクトとして推進してきた香港と珠海(広東省)、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」が10月24日午前9時に正式開通した。

港珠澳大橋は自動車専用で、マカオ側と香港側のイミグレーションの間を単純往復するシャトルバス(バスの車体色から「金巴(=ゴールドバス)」の愛称)とマカオのリゾートホテルと香港の市街地を大橋経由で結ぶ「クロスボーダーバス」が両地を往来する旅客向けの主要な公共交通機関となっている。ゴールドバスと一部のクロスボーダーバスは24時間運行だ。

マカオ政府交通事務局は11月29日、大橋開通後1ヶ月間(10月24日から11月23日まで)の車両通行関連データを公表した。

大橋のマカオ側イミグレーションから香港方向の自家用車の通行量は、1日平均延べ2616台。また、大橋を往来するゴールドバスの運行本数は延べ1.5万本で、利用者数は延べ60万人超だった。クロスボーダーバスの運行本数は延べ3000本、利用者数は延べ8万人超だったとのこと。

大橋のマカオ側イミグレーション経由の出入境者数は延べ80万2804人で、このうち延べ約68万人が香港との往来、残りが珠海との往来だったという。

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

港珠澳大橋のマカオ側と香港側のイミグレーション施設と往来するシャトルバスに乗り込む乗客=2018年10月24日、港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設内(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース