マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、クリスマスイルミネーション点灯スタート

観光12/01 09:53

マカオ民政総署(IACM)は11月30日、同日夜から市民や観光客がクリスマスムードを満喫できるよう、市内各所の街路、広場、公園などに設置したクリスマスツリーなどのイルミネーションの点灯をスタートすると発表した。

今シーズンのクリスマス装飾の設置箇所は75箇所で、点灯は1月上旬までを予定しているとのこと。

およそ450年間に及ぶポルトガルによる統治を経験したマカオでは、中国に返還された現在でも、カトリック文化が地域社会に深く根付いている。

このほか、旅遊局が12月2日から31日まで、市内の広場や歴史的建造物を舞台にインタラクティブ型の3Dプロジェクションマッピングや光のインスタレーション作品の展示などを行う「マカオライトフェスティバル2018」の開催を予定している。年内いっぱい、マカオ市街は華やかなムードに包まれそうだ。

タイパヴィレッジの嘉模墟(Feirado Carmo)に設置されるクリスマス装飾のイメージ(写真:IACM)

タイパヴィレッジの嘉模墟(Feirado Carmo)に設置されるクリスマス装飾のイメージ(写真:IACM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース