マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

港珠澳大橋開通後1ヶ月の海路旅客2割減は想定の範囲内…マカオ海事当局

珠江デルタ12/03 09:47

中国が国家プロジェクトとして推進してきた香港と珠海(広東省)、マカオの三地をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュハイ・マカオ・ブリッジ)」が10月24日に正式開通し、1ヶ月超が経過した。

マカオ半島北東沖に造成された人工島上にあるマカオ側イミグレーションからは、香港及び珠海との間をそれぞれ往来することができる。香港へはシャトルバスで約40分、珠海へはイミグレーションビル内の徒歩移動で済む。

マカオ治安警察局が11月25日に公表したデータによれば、大橋開通後1ヶ月間のマカオと香港の往来について、従来の主要ルートだった海路の玄関口となる外港フェリーターミナル、タイパフェリーターミナル経由の出入境旅客数は前年の同じ時期からそれぞれ20.7%、の19.9%の大幅減となった。

マカオ政府海事・水務局の黄穂文局長は12月2日、同日マカオで開催された節水プロモーションイベントに出席。囲み取材に応じた際、大橋開通後1ヶ月の外港フェリーターミナルとタイパフェリーターミナル経由の出入境旅客数が2割減だったことについては想定の範囲内だとし、開通直後は7〜8%減、現在およそ2割減で、開通後3ヶ月〜6ヶ月間は不安定な状況が続くだろうとの見通しを示した。その理由については、開通直後の初物需要を挙げた。同氏は、高速船の運航本数や航路に変化がないかなど、今後も船会社と密にコミュニケーション取っていくとした。

港珠澳大橋のマカオ側イミグレーションビル(資料)=2018年10月24日本紙撮影

港珠澳大橋のマカオ側イミグレーションビル(資料)=2018年10月24日本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース