マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、観光名所「ラザロ地区」もストリートパフォーマーに開放へ…政府文化局が認可場所に追加、事前登録必要

観光2018/12/25 13:45

マカオ政府文化局(ICM)では、マカオ各所における文化的ムードの醸成を強化するため、2016年に「藝遊計画(バスキングプログラム)」を立ち上げ、事前登録や認可場所などのルールを設けた上、内外のパフォーマーに参加を呼びかけて、様々なストリートパフォーマンスを誘致してきた。

これまでの認可場所は、マカオ半島の南灣湖畔にあるアニム・アルテ・ナンワン、マカオ半島の旧市街地にある世界遺産・モンテの砦のガーデン部分、タイパ島の龍環葡韻エリアで、いずれも著名な観光スポットにあたる。

ICMは12月25日、これまでに参加したパフォーマー、市民、インバウンド旅客のいずれからも高い支持を得ることができ、認可場所周辺における文化的ムードの盛り上がりも確認できたとし、来年(2019年)1月1日から、新たに認可場所を1箇所追加すると発表した。

新たに認可場所となるのは、マカオ半島の旧市街地に位置し、美しい南欧風の街並みが残るフォトジェニックなエリアとして観光客から人気が高いラザロ地区。ストリートパフォーマンスが可能となる時間帯いは毎週土曜日、日曜日、パブリックホリデーの午後2時から6時までとなる。パフォーマンスを行う場合は、事前にマカオ政府文化局へパフォーマーとしての登録申請を行い、登録者カードを受け取った上で、現場の担当者にカードを提示して時間と場所の調整を受ける必要がある。同一時間帯にパフォーマンスを行うことができるのは1人または1組1〜2人まで。

なお、現行のパフォーマー登録カードの有効期限は今年末(2018年12月31日)までとなっており、同局では来年以降にパフォーマンスを行う意向がある場合、更新または新規登録の手続きをするようパフォーマーらに呼びかけている。手続きはマカオの有人窓口またはインターネットでも受け付けているとのこと。

マカオ・ラザロ地区(資料)–本紙撮影

マカオ・ラザロ地区(資料)–本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース