マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの公共路線バス39路線、大晦日に終発繰り下げへ=深夜バスは増発

観光12/27 12:05

マカオ政府交通事務局は12月21日、市内各所でカウントダウンイベントの開催が予定されている大晦日夜から元日未明にかけて多くの市民や観光客の外出が見込まれるため、公共路線バスの終発時刻の繰り下げや深夜バスの増発を行うと発表した。

同局によれば、公共路線バス39路線で、最終バスの始発バス停の出発時刻を元日午前1時に繰り下げるほか、終夜運転している深夜バスのうち、N1A及びN3系統についても、元日午前0時から午前2時30分にかけて増発し、運転間隔を11〜12分にするとのこと。

なお、マカオ政府主催のカウントダウンコンサートや花火の打ち上げといったイベントが開催されるマカオタワー周辺については、多数の人出が見込まれることから、大晦日の午後8時30分から元日の午前1時までの間、一部バス停留所がクローズとなり、西灣湖畔の消防署近くと西灣大橋の媽閣廟側出入口側の融和門近くに設置される臨時バスターミナルが乗降場所となる。

終発時間繰り下げやバス乗降場所の変更の対象となる路線の詳細等は、マカオ政府交通事務局(DSAT)公式ウェブサイト内のバス情報ページ(http://www.dsat.gov.mo/bus)で確認することができる。

マカオの面積は東京の山手線の内側のおよそ半分にあたる約30平方キロ、人口は約66万人という小さな地域だが、年間インバウンド旅客数はおよそ3250万人という規模。公共バスの路線数は深夜バスも含めて84あり、網の目のような路線ネットワークが形成されている。

マカオ半島北部にある關閘バスターミナルのイメージ(写真:DSAT)

マカオ半島北部にある關閘バスターミナルのイメージ(写真:DSAT)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース