マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ航空が日本路線強化…成田線をダブルデイリー、福岡線を週4往復に=訪日需要旺盛

澳日関係2018/12/29 10:22

マカオのフラッグシップキャリア的存在で、マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)。現在、マカオと日本(成田=1日1往復、関西=1日1往復、福岡=週3往復)を結ぶ直行便を自社運航する唯一の航空会社となっている。

同社は今月入って以降、日本路線の強化を相次いで打ち出している。同社日本版公式ウェブサイトによれば、来年(2019年)3月31日から福岡線を増便し、週4往復体制とする。現状の月・水・金の週3往復だが、これに日曜日が加わり、発着時間も変更する。使用機材はエアバスA319で変わらず。なお、福岡線については2016年3月の新規就航時は週4往復、同年10月に週5往復に増便し、2017年2月から3月にかけて約1ヶ月運休した後、週3往復で復航し、現在に至っている。

また、来年7月1日からは、成田線がダブルデイリー(1日2便)体制となる。現行のフライトスケジュールはマカオ発が朝、成田発が夕方だが、増便分はマカオ発が昼過ぎ、成田発が夜となっており、よりフレキシブルな旅程を組むことが可能となる。マカオ航空による成田線のダブルデイリー化は今回が初めて。増便分の使用機材は現在と同じエアバスA320とした。

このほか、マカオ航空本社は2019年下半期から2020年にかけて新機材(エアバスA320neo)を導入予定とし、これに合わせて札幌・新千歳への乗り入れを計画していることも明らかにしている。

マカオ国際空港の運営会社にあたるCAMが11月5日に公表した資料によれば、今年1〜9月累計の同空港の出入境者数は前年の同じ時期から17%増で、日本線に限ると15%増だったとのこと。今年1〜9月累計の訪マカオ旅客数は前年の同じ時期から8.3%増の2581万3264人。このうち、日本からは3.3%減の24万0847人にとどまっていることから、マカオ国際空港を発着する日本路線の旅客増は、訪日客がけん引しているものとみられる。

【資料】
マカオ航空(NX)福岡(FUK)〜マカオ(MFM)運航スケジュール
NX805 FUK 14:00発 MFM 16:55着
NX806 MFM 08:40発 FUK 13:00着
※2019年3月31日以降
※運航日:月・水・金・日
※発着時間は全て現地時間
※関係当局の許可取得が条件
※運航スケジュール及び使用機材は予告なしに変更となる可能性有り

マカオ航空(NX)成田(NRT)〜マカオ(MFM)運航スケジュール
NX861 NRT 15:30発 MFM 20:05着
NX867 NRT 20:00発 MFM 23:45着
NX862 MFM 09:30発 NRT 14:30着
NX868 MFM 13:45発 NRT 19:00着
※2019年7月1日以降
※運航日:毎日
※発着時間は全て現地時間
※関係当局の許可取得が条件
※運航スケジュール及び使用機材は予告なしに変更となる可能性有り

マカオ国際空港に駐機するマカオ航空機(資料)—本紙撮影

マカオ国際空港に駐機するマカオ航空機(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース