マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの12月カジノ売上対前年2桁増も…大手金融機関予測=港珠澳大橋開通によるインバウンド旅客増が追い風

カジノ2018/12/30 13:07

マカオ政府博彩監察協調局が12月1日に公表した最新データによれば、マカオの今年(2018年)1〜11月の累計カジノ売上は2763.78億マカオパタカ(日本円換算:約3兆7794億円)で、前年同期比13.7%増で推移。1ヶ月を残して昨年通期の売上を上回った。

12月については、10月24日に香港と珠海、マカオを結ぶ港珠澳大橋が開通したことを受け、クリスマスホリデー期間(22〜26日の5日間)のインバウンド旅客が前年同時期から15.2%増の約61万人超に達したとのデータもあり、カジノ売上にプラスの影響が及ぶと見られている。

このほど米系大手銀行バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが発出したマカオのカジノ業界に関する最新レポートの中で、港珠澳大橋開通によるインパクトは大きく、マカオの旅行業者は12月のインバウンド旅客数が対前年2割増、クリスマスホリデー期間中の平均ホテル客室稼働率も8〜9割に達すると見込んでいることなど、インバウンドの好調を挙げた。また、12月のカジノ売上予測については前年同月から約8〜16%増、金額にして約245〜263億マカオパタカ(約3350〜3596億円)、1日平均約7.91〜8.49億マカオパタカ(約108〜116億円)の範囲とした。

その他の大手金融機関では、クレディ・スイスが約15〜17%増の約261〜266億マカオパタカ(約3569〜3638億円)、シティグループが約12.3%増の約255億マカオパタカ(約3487億円)、ユニオン・ゲーミング証券が約7%増の約242億マカオパタカ(3309億円)などと予測している。なお、今年の単月最高売上は10月の273.28億マカオパタカ(約3737億円)だった。

マカオの年間カジノ売上は21世紀に入って以降、2013年まで右肩上がりに上昇。ピークにあたる2013年の売上は3607.49億パタカ(約4兆9332億円)だった。2014年から2016年までの3年間は対前年マイナスが続いたが、2017年に4年ぶりに対前年プラスに転じた。今年通期のカジノ売上が3000億マカオパタカ(約4兆1025億円)の大台を突破すれば、2014年以来のこととなる。

【資料1】2018年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:262.60億マカオパタカ=約3591億円(36.4%増)
・2月:243.00億マカオパタカ=約3323億円(5.7%増)
・3月:259.50億マカオパタカ=約3549億円(22.2%増)
・4月:257.28億マカオパタカ=約3518億円(27.6%増)
・5月:254.89億マカオパタカ=約3486億円(12.1%増)
・6月:224.90億マカオパタカ=約3075億円(12.5%増)
・7月:253.27億マカオパタカ=約3463億円(10.3%増)
・8月:265.59億マカオパタカ=約3632億円(17.1%増)
・9月:219.52億マカオパタカ=約3002億円(2.8%増)
・10月:273.28億マカオパタカ=約3737億円(2.6%増)
・11月:249.95億マカオパタカ=約3417億円(8.5%増)
>1〜11月累計:2763.78億パタカ=約3兆7794億円(13.7%増)

【資料2】2013年〜2017年のマカオの年間カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・2013年:3607.49億マカオパタカ=約4兆9332億円(18.6%増)
・2014年:3515.21億マカオパタカ=約4兆8070億円(2.6%減)
・2015年:2308.40億マカオパタカ=約3兆1567億円(34.3%減)
・2016年:2232.10億マカオパタカ=約3兆0524億円(3.3%減)
・2017年:2657.43億マカオパタカ=約3兆6340億円(19.1%増)

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース