マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、電子カジノ機で使われるキャッシュバウチャーの金額を書き換え高値で転売した男逮捕

社会・政治12/31 14:01

マカオのカジノではスロットマシンなど電子カジノマシンでの払い出しにキャッシュバウチャー(現金券)が使われている。券面には金額のほか、施設名、バーコード、引き換え期限などの情報がプリントされており、マシンの現金投入口に入れることができるほか、カジノフロア内の引換機やキャッシャー窓口で額面の現金との交換も可能だ。

マカオ司法警察局は12月29日、キャッシュバウチャーの券面に記載された金額を油性ペンなどを使って20.00香港ドル(日本円換算:約280円)から20100香港ドル(約28万円)のように書き換え、第三者に対して本来の金額より高値で売りつけたとして、マカオ人の自称無職の男(26)を詐欺及び文書偽造容疑で逮捕、送検したと発表。

同局によれば、同月下旬にかけて、3人から同じ手口による被害の申し出があり、いずれもカジノ周辺で見知らぬ男から話を持ちかけられ、券面に書かれた金額より安値で購入したが、窓口で現金と交換する際に騙されたことに気づいたと話しているという。被害総額はおよそ10万香港ドル(約141万円)に上るとした。

その後、警察が捜査に着手、被疑者3人の身元の特定に成功。このうち1人について、28日にコタイ地区にあるカジノIR(統合型リゾート)併設ホテルの客室内で逮捕した。また、室内を捜索したところ、次の犯行に向けて準備していたとみられる小さな額面のキャッシュバウチャーと筆記具が見つかった。

目下、警察が逃走中の残る2人の被疑者の行方を追っている。なお、今回逮捕された男と逃走中の2人は今年9月と11月に発生した2件の詐欺事案にも関わっていた疑いもあるとのこと。

金額が書き換えられたキャッシュバウチャーと犯行に使われたとみられる筆記具(写真:マカオ司法警察局)

金額が書き換えられたキャッシュバウチャーと犯行に使われたとみられる筆記具(写真:マカオ司法警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース