マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港競馬の19年元旦レース馬券売上高240億円…10年連続で最高記録更新

珠江デルタ2019/01/02 09:10

香港の沙田(シャーティン)競馬場で1月1日、毎年恒例のニューイヤーレース(11レース)が開催され、馬券売上高は前年同日から3.9%増、元旦レースの開催が始まって以来の21年で最高となる17.15億香港ドル(日本円換算:約240億円)を記録した。

馬券売上高の最高記録更新は2010年から10年連続となる。なお、入場人数については1%減の延べ8.4万人にとどまり、前年記録した最多記録の更新はならなかった。

香港競馬は香港の競馬競技団体にあたる香港賽馬会(ホンコン・ジョッキークラブ)が運営。例年、9月から翌年7月にかけて開催され、シーズン中、原則として毎週水曜日と週末にレースを開催している。水曜日は香港島の市街地にあるハッピーバレー競馬場でのナイトレース、週末にはハッピーバレー競馬場または郊外の沙田競馬場でのデーレースとなる。

香港賽馬会の資料によると、香港競馬の前シーズン(17〜18年)通期の馬券売上高は前々シーズン(16〜17年)から6.0%増となる1228億香港ドル(約1兆7184億円)だった。香港賽馬会は1884年の設立。競馬のほか、サッカーくじや「六合彩」と呼ばれるロトなども販売している。

香港ドル紙幣のイメージ(資料写真)—本紙撮影

香港ドル紙幣のイメージ(資料写真)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース