マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノIR運営大手メルコがIR施設屋上に現地最大規模の太陽光発電システム設置…年間発電量は770万キロワット

その他2019/01/03 09:45

マカオのカジノIR(統合型リゾート)運営大手、メルコ・リゾーツ&エンターテイメント社は1月2日、マカオ・コタイ地区にある傘下IR施設「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」及び「スタジオ・シティ マカオ」の屋上部分に地元中小企業の萬曜エナジー社と共同開発したマカオ最大規模の太陽光発電システムを設置したと発表。

設置面積は約3万平米、太陽光発電パネル数は1万8000枚超に上り、全面的に運用を開始した後の年間最大発電量は770万キロワット程度が見込まれるとのこと。一般家庭1500戸の年間電力消費量に相当し、26万本の樹木が年間に吸収する量とほぼ同じという年間6000トンの二酸化炭素排出量の削減につながるものとした。

同社では、今回の取り組みについて、地元中小企業の成長サポートに力を注いでいること、持続可能な開発を企業の社会的責任(CSR)の核心価値として位置付けていることを理由として挙げた。

マカオのカジノ施設は基本的に365日年中無休の24時間営業を行っている。マカオでは電力消費量のおよそ8割を中国本土からの輸入に依存している。

メルコ・リゾーツ&エンターテイメント社の旗艦カジノIR施設「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」の外観イメージ(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)

メルコ・リゾーツ&エンターテイメント社の旗艦カジノIR施設「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」の外観イメージ(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)


「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」屋上に設置された太陽光発電パネル(資料)-本紙撮影

「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」屋上に設置された太陽光発電パネル(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース