マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

団体旅行客数、ホテル稼働率堅調―12年通年

産業・経済2013/02/18 15:15

マカオ政府統計調査局は18日、去年(2012年)12月の団体旅行客及びホテル客室稼働率統計を発表。同月マカオを訪れた団体ツアー客はのべ887,282人で対前年8.8%増、ホテル客室稼働率は同3.5%減の86.2%だった。稼働率低下の理由は3,000室規模の新規大型ホテル開業のためとみられるが、依然として高水準を維持。

12月にマカオを訪れた団体ツアー客のべ887,282人の主な出発地別内訳は下記の通り。
・中国本土:650,389人 10.6%増(うち広東省:255,780人)
・台湾:62,856人 25.4%増
・韓国:50,640人 66.6%増
・香港:31,839人 25.4%減
・日本:12,951人 40.2%減

昨年1-12月通年の団体ツアーによる入境旅客数合計はのべ9,122,332人で、前年同期比21.0%増、旅客総数に占める割合は32.5%となる。12月単月では韓国からの団体旅行者が大幅増となる一方、日本は41.9%減となった11月につづき、大きな減少となった。しかし、通年では244,070人で、前年同期比12.0%増をキープしている。

マカオ全体で100軒のホテル及びサービスアパートメントが昨年12月末時点で提供する客室数は26,069室となり、対前年3,713室、16.6%増。うち、5つ星ホテルの客室が占める割合は63.8%。

2012年12月のホテル及びサービスアパートメントの宿泊人数はのべ898,857人で、対前年9.6%増、平均宿泊日数は1.4泊で、0.09泊の減少。ホテル及びサービスアパートメントの客室稼働率は3.5%減の86.2%。うちホテルに限ると86.8%、さらに4つ星ホテルでは89.7%と平均を上回る。昨年1-12月通年のホテル及びサービスアパートメント宿泊者数合計はのべ9,541,397人で前年同期比10.8%増、平均客室稼働率は83.1%で同1.1%減。9月末の大型ホテルオープンにより供給が増えている中、稼働率は引き続き高水準を維持している。

2012年1-12月の通年、ホテル及びサービスアパートメントに宿泊したゲスト数は旅客総数の65.4%を占め、前年比3.1%増。

2013年頭に新棟がオープンし、マカオ最大規模の客室数となるシェラトンマカオ (c) Sheraton Macao

2013年頭に新棟がオープンし、マカオ最大規模の客室数となるシェラトンマカオ (c) Sheraton Macao

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース