マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

セガサミークリエイションが初のスロットゲーム筐体をリリース=マカオの大型カジノ施設への導入も決定

カジノ01/08 16:09

セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは1月8日、同社初のスロットゲーム筐体「Genesis Slant(ジェネシス・スラント)」をリリースしたと発表。

「Genesis Slant」は32インチのフルHDモニターと2.1chスピーカーを内蔵したカスタムボックススピーカーを備え、色鮮やかな映像と臨場感のあるサウンドによりゲーム没入感を高めたのが特徴。スロットゲームだけでなく、スタンドアローン型ETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)筐体としても汎用可能なスラント型スロットゲーム筐体で、今後アジア各国をはじめ、グローバルに販売を展開する予定とのこと。現時点で、すでにマカオの大型カジノ施設への導入も決まっており、順次設置を予定しているとした。

また、当該筐体でプレー可能なスロットゲームソフトとして、プレーヤーの選択でJackpot等のプライズを引き当てるピックボーナスゲームを搭載した「MoonlightTreasure(ムーンライト・トレジャー)」や、麻雀の牌や役を参考に開発したシンプルなゲーム性が魅力の「Fortune Tiles of Dragon(フォーチュン・タイルズ・オブ・ドラゴン)」等、多種多様なラインナップを用意しているという。

セガサミークリエイション社製のカジノマシンは2015年以降マカオの複数の大型IR(統合型リゾート)のカジノフロアで稼働しており、設置先が拡大する中、市場における同社及び同社製品の知名度や存在感も高まっている。

「Genesis Slant」の筐体イメージ (c) SEGA SAMMY CREATION INC.

「Genesis Slant」の筐体イメージ (c) SEGA SAMMY CREATION INC.

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース