マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ税関、7日間で4件の密航摘発…偽造紙幣持ち込み企図も=中国本土出身の男女12人の身柄拘束

社会・政治2019/01/13 09:46

マカオ税関(澳門海關)は1月12日、同月5日から11日までの7日間に中国本土からの密航事案を4件摘発し、手引き役の蛇頭2人を含む中国本土出身の男女12人(23〜43歳)の身柄を拘束したと発表。このうち1件では、密航に使われたモーターボート内から偽造紙幣も見つかったとのこと。

密航者らはタイパ島及びマカオ半島沖の海上にモーターボートで陸地に接近したところや、沿岸部の陸地にいたところを警戒にあたっていた税関職員及び治安警察局の警察官によって発見、身柄を拘束されたもの。

いずれも市民からの通報やマカオ税関と中国の公安当局によるP2Pコラボレーションメカニズムによる逐次情報共有が機能した結果といい、税関は今後も海上及び沿岸部における警戒を強化して臨みむとした。

なお、偽造紙幣は11日深夜にタイパ島北部に上陸しようとしたところを摘発されたモーターボート内から発見されたもの。船内で見つかった額面1000香港ドル紙幣が19枚、100香港ドル紙幣が3枚、50マカオパタカ紙幣が1枚の計23枚のうち、一部で券面の番号が重複し、質が粗雑なものがあったという。この件については司法警察局に引き継ぎ、同局が詳しい調査を進めているとのこと。

マカオは1999年にポルトガルから中国に返還されたが、以降も独自の出入境管理を行っている。中国本土籍の旅客がマカオを訪れる際、香港マカオ往来通行証と呼ばれる渡航証とビザに相当する渡航許可を取得するのが一般的だが、およそ2〜3ヶ月に1回7日間といったかたちで一定期間内の入境回数や滞在日数などに制限が設けられていることなどから、違法な就労や賭博、観光などを目的とした密航やオーバーステイが後を絶たない。不法行為を手引きする蛇頭も暗躍し、超過滞在者の隠れ家となる違法宿泊施設の存在なども社会問題化している。

密航者が乗っていたモーターボート内から見つかった紙幣(写真:澳門海關)

密航者が乗っていたモーターボート内から見つかった紙幣(写真:澳門海關)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース