マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2018年の総カジノ売上に占めるVIPルーム比率54.8%…前年から1.9ポイント下落、平場に勢い

カジノ2019/01/18 10:47

豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、グレイハウンド犬を使ったドッグレース、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

マカオ政府博彩監察協調局は1月17日、昨年通期(2018年1〜12月)の各種ギャンブル統計を公表。

昨年通期の総ギャンブル売上は前年から14.0%増の3038.79億マカオパタカ(日本円換算:約4兆1101億円)で、このうちカジノ売上が実に99.7%を占める14.0%増の3028.46億マカオパタカ(約4兆0962億円)だった。

カジノ売上を四半期ごとにみると、第1四半期は前年同時期から21.0%増だったが、以降は成長が鈍化し、第4四半期には3.4%増にとどまった。また、カジノ売上に占めるVIPルーム(VIPルームによる売上を反映するVIPバカラ売上)の割合は前年から1.9ポイント下落の54.8%だった一方、マスゲーミング(いわゆる平場)売上は2ケタ増を記録した。

昨年末時点のカジノ施設数は前年同時期から1軒増の41軒で、ゲーミング(カジノ)テーブルの数は169台増の6588台、スロットマシンの数は437台増の1万6059台だった。

カジノ以外の各種ギャンブルの売上については、コンセッション満了により6月末でレース開催を終了したドッグレースが前年から50.0%減の2300万マカオパタカ(約3.1億円)、競馬は2.9%減の1.01億マカオパタカ(約13.7億円)、中国式ロトは30%増の1300万マカオパタカ(約1.8億円)、サッカーくじは29.9%増の6.74億マカオパタカ(約91.2億円)、バスケットボールくじは20.0%増の2.22億パタカ(約30.0億円)。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース