マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、カジノ施設のトイレで強盗傷害事件…多額のゲーミングチップ所持していたギャンブラー狙われる

社会・政治2019/01/19 11:33

マカオ半島新口岸地区にあるカジノ施設のトイレで1月18日未明に強盗傷害事件が発生した。

マカオ司法警察局の発表によれば、被害者の中国本土出身の男性がカジノ施設内のトイレに入った際、いきなり見知らぬ男に後方から鈍器で頭部を攻撃され、所持していた15万香港ドル(日本円換算:約210万円)相当のゲーミング(カジノ)チップと数万香港どるの現金を奪われたという。

その後、被害者は怯まずにトイレから出ようとする男を追いかけて取り押さえ、カジノ施設の警備員に救助を求め、通報を受け駆けつけた司法警察局所属の警察官によって、被疑者の身柄が拘束された。被害者はトイレに行く前から何者かが後方につきまとう気配がしたと話しているという。

被疑者は中国本土出身の運転手の男(55)で、犯行に使った凶器はハンマーだったとのこと。警察の調べに対して、供述を拒否しているという。警察では、男を強盗、傷害、禁止武器使用の罪で送検する方針。なお、被害者の男性は頭部に腫れが確認されたが、幸い大事に至らず奪われたゲーミングチップ、現金ともに手元に戻ったという。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくチップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル(約140万円)以上の高額チップも存在する。

チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース