マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港が港珠澳大橋マカオ側イミグレーションビルに「エクスプレス・リンク」施設を開設へ

珠江デルタ2019/01/27 09:51

マカオの主要な空の玄関口、マカオ国際空港の昨年(2018年)の年間旅客数が対前年15%増、開港以来最多となる延べ826万人を記録した。

マカオ国際空港運営会社にあたるCAMの馬有恒会長は1月25日に開催したプレスイベントにおいて、今年(2019年)第1四半期にも港珠澳大橋マカオ側イミグレーションビル内に「エクスプレス・リンク」施設を開設するとの見通しを明らかにした。

エクスプレス・リンクは中国本土及び香港とマカオの出入口となる海と陸のイミグレーションとマカオ国際空港の制限エリアの間を専用バスで結ぶサービス。マカオ出入境手続きを省略できるため通関にかかる時間と手間が節約できる。海空連絡の場合、香港・上環のフェリーターミナルではインタウンチェックインも可能だ。

港珠澳大橋マカオ側イミグレーションビル内に新設するエクスプレス・リンク施設は400平米のロビーを擁し、陸空連絡の旅客向けにインタウンチェックインサービスを提供するとのこと。

このほか、広東省の中山市、江門市にマカオ国際空港サービスセンターも近くサービスインできる見込みで、珠江西岸方面の旅客に対する利便性向上を図ることができるとした。

マカオ国際空港(資料)-マカオ・タイパ島(写真:AACM)

マカオ国際空港(資料)-マカオ・タイパ島(写真:AACM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 1月28日発刊 (2月号 vol.068」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース