マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港、春節シーズン中の旅客数を1日あたり2万人超と予測…出発客に早めの空港到着を呼びかけ

観光2019/01/30 11:13

マカオでは、2月5日に春節(旧正月)を迎える。マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは1月29日、春節の1週間前から混雑ピークが始まり、春節シーズン中の旅客数は1日あたり延べ2万人超に達するとの予測を発表。

空港及びその他サービス機関では旅客増に対応し、安定したサービスを提供する準備を整えているとのこと。

CAMでは、出発客に対し、事前に航空会社が設定する搭乗手続きの受付時間を確認した上、時間に余裕をもって空港へ向かい、早めに空港へ到着するよう心掛けてほしいと呼びかけた。

CAM発表資料によれば、マカオ国際空港の昨年(2018年)の年間旅客数が対前年15%増の826万人(延べ、以下同)で過去最多を記録した。

春節ムード漂うマカオ国際空港の出発ホール(写真:CAM)

春節ムード漂うマカオ国際空港の出発ホール(写真:CAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 1月28日発刊 (2月号 vol.068」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース