マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノIR運営ウィンマカオが18年第4四半期業績発表…増収増益

カジノ2019/02/01 16:41

マカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、ウィンマカオ社は1月31日、昨年第4四半期(2018年10〜12月期)の監査前業績(国際会計基準)を発表した。

同社はマカオ半島で「ウィンマカオ」、コタイ地区で「ウィンパレス」の大型IR(統合型リゾート)を運営している。

同社の昨年第4四半期のカジノ売上は前年同期から3.7%増の11億1597.6万米ドル(日本円換算:約1216億円)、営業利益は3.0%増の2億4216.3万米ドル(約264億円)、上場親会社の株主に帰属する純利益は4.0%増の1億8636.4万ドル(約203億円)、調整後プロパティEBITDAは4.8%増の3億9494.5万米ドル(約430億円)に達した。

調整後プロパディEBITDAを施設別にみると、ウィンマカオは前年から9.9%減の1億6756.0万米ドル(約183億円)にとどまった一方で、ウィンパレスは19.2%増の2億2658.5米ドル(約247億円)に上り、2016年8月にオープンした新旗艦IR施設となるウィンパレスシフトが鮮明となった。

なお、昨年第4四半期のマカオ全体のカジノ売上は前年同期から8.9%増の789.91億マカオパタカ(約1兆0655億円)だった。ウィンマカオ社のカジノ売上の伸びは全体平均を下回っており、市場シェアを落としたかたちとなる。

ウィンマカオ社の旗艦IR施設「ウィンパレス」正面外観(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

ウィンマカオ社の旗艦IR施設「ウィンパレス」正面外観(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース