マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、春節シーズンの高速船チケット予約状況「普通」も当局が早めの手配を呼びかけ

観光2019/02/03 15:47

マカオ政府海事・水務局は2月3日、多客期となる春節(旧正月)シーズンを迎えるにあたり、税関、治安警察局、旅遊局、交通事務局、高速船運営会社、警備会社等のフェリーターミナル運営関係者を集めたミーティングを開催し、秩序維持、スムーズな通関、旅客動向に応じたフレキシブルな増便対応など、円滑な運営を実現できるよう協議したと発表した。

海事・水務局によれば、船会社から春節シーズン中の高速船チケットの予約率は「普通」との報告があったが、高速船を利用した旅行を計画している市民及び観光客に対し、早めのチケット購入とともに、天候と運航状況に関する情報にも留意するよう呼びかけた。

また、同局では、昨年から今年頭にかけて、外港フェリーターミナルとタイパフェリーターミナルに授乳室を設置し、市民及び旅客からポジティブな評価を得ているとのこと。今後もフェリーターミナル関連施設の拡充を進め、旅客サービスの向上に努メルとした。

なお、昨年の同時期には、早い段階から高速船の予約率が高い状態にあった。昨年10月にマカオと香港を結ぶ港珠澳大橋が開通し、両地を結ぶバスが運行を開始したことで、旅客の分散化が進んでいる。大橋開通後、初めての春節シーズンとなり、旅客の経路がどのように変化するのかも注目される。

フェリーターミナル運営関係者を集めたミーティングの様子(写真:マカオ政府海事・水務局)

フェリーターミナル運営関係者を集めたミーティングの様子(写真:マカオ政府海事・水務局)


タイパフェリーターミナルに設置された授乳室(写真:マカオ政府海事・水務局)

タイパフェリーターミナルに設置された授乳室(写真:マカオ政府海事・水務局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース