マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港、春節6日間の旅客数が対前年18%増の18万人超に…2月10日に単日過去最多記録更新

産業・経済2019/02/11 18:59

マカオ国際空港運営会社のCAMは2月11日、春節の元日から6日目(2月5〜10日)日の旅客数が18万人超、離発着回数が1300回超で、いずれも前年同時期から18%増だったと発表。2月10日の旅客数は3万2100人を記録し、単日過去最多記録を更新したとのこと。

マカオ国際空港では、今年に入って以降、中国・温州、タイ・チェンライ、フィリピン・セブとの間を結ぶ直行定期便が相次ぎ新規就航したほか、春節シーズン中の臨時増便が昨年の3倍に上ったという。

春節シーズン中、旅客ターミナルビルでは春節をテーマにした飾り付けのほか、歌謡ショーや楽器演奏といった各種催しも開催し、ムードを盛り上げたとのこと。

マカオ政府旅遊局が11日に発表したデータによれば、2月4日から10日までの7日間のインバウンド旅客数は前年同期から26.6%増の121万3487人に達し、過去最多だった。

マカオ国際空港はタイパ島の北東部にあり、ポルトガル統治時代の1995年に開港した。現在は東北及び東南アジアとの短距離路線が主で、LCCの誘致に積極的なことでも知られる。近年、マカオ国際空港の旅客数は右肩上がりの増加が続いている状況で、昨年通期の旅客数は対前年15%増の延べ826万人を記録。現在、日本との間の定期便については、マカオ航空が東京(成田)と大阪(関西)にそれぞれ1日1往復、福岡に週3往復就航しており、いずれも全日空とのコードシェア便となっている。今年3月31日からは福岡線が週4便に、7月1日からは成田線がダブルデイリー(1日2往復)になる予定。

マカオ国際空港で開催された春節イベントの様子(写真:CAM)

マカオ国際空港で開催された春節イベントの様子(写真:CAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 1月28日発刊 (2月号 vol.068」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース