マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ代表チームがさっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールで準優勝=4年連続出場

澳日関係2019/02/14 16:40

第70回さっぽろ雪まつり会場のすすきの会場で2月4日から11日まで開催された国際雪像コンクールに参加したマカオ代表チームの作品が準優勝に輝いた。

国際雪像コンクールは今年で46回目の開催。マカオのほか、中国、韓国・大田広域市、フィンランド、ハワイ、インドネシア、マカオ、マレーシア、ポーランド、シンガポール、タイの9チームが参加。優勝は対チームで、マカオ代表チームは2年連続の準優勝。マカオチームは4年連続の参加で、優勝1回、準優勝3回の好成績を収めている。

これまで同様、マカオ代表チームは「廚藝」と呼ばれる食材を使ったアート作品を得意とする飲食関係者4人で構成。3人が初参加だったとのこと。4人は風雪が舞う厳寒の中、激動の龍を包み込む観音像をモチーフとする調和と団結、共存共栄を表現した作品を4日間かけて制作した。

マカオ政府旅遊局(MGTO)は2月14日にプレスリリースを発出し、マカオ代表チームが制作した作品はマカオ独特の文化を反映したもので、さっぽろ雪まつりを見学に訪れた日本人、外国人旅客に対する観光都市としてのマカオのイメージ向上に役立ったとコメントした。

さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールで準優勝に輝いたマカオ代表の作品=北海道札幌市(写真:MGTO)

さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールで準優勝に輝いたマカオ代表の作品=北海道札幌市(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース