マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

セントレジス・マカオがマカニーズ・アフターヌーンティ「Cha Gordo」のメニューを一新=ポルトガル系マカオ人シェフとコラボ

観光2019/02/19 12:15

このほど、マカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)サンズコタイセントラル併設のホテル、セントレジス・マカオ,コタイセントラルで毎週土曜日に提供されているアフターヌーンティ「Cha Gordo」のメニューが一新されたという。

マカオ生まれマカオ育ちのポルトガル系マカオ人(マカニーズ)の経験豊富な女性シェフ、アントニエタ・フェルナンデス・マニャオンさん(ネタさん)とコラボレーションし、マカニーズ伝統のメニュー30品をラインナップしたとのこと。ポルトガル的なもの以外にもチャイニーズスタイルのチャーシューまんや焼売、マカオの昔懐かしいスナックなども用意しており、好みのものをビュッフェスタイルで楽しめるという。

「Cha Gordo」の提供時間は毎週土曜日の午後3時から5時半まで。価格はコーヒーまたは紅茶を含み1人あたり148マカオパタカ*(日本円換算:約2000円 *サービス料10%別途加算)となっている。

セントレジス・マカオのマカニーズ・アフターヌーンティ「Cha Gordo」のメニューイメージ(写真::The St. Regis Macao, Cotai Central)

セントレジス・マカオのマカニーズ・アフターヌーンティ「Cha Gordo」のメニューイメージ(写真::The St. Regis Macao, Cotai Central)


「Cha Gordo」のメニューを手がけたマカニーズのシェフ、ネタさん(写真::The St. Regis Macao, Cotai Central)

By Miguel「Cha Gordo」のメニューを手がけたマカニーズのシェフ、ネタさん(写真::The St. Regis Macao, Cotai Central)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース