マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府文化局管轄下のミュージアム3館、春節GW期間中の入館人数が15%増…過去最多更新

観光2019/02/21 18:09

マカオ政府文化局(ICM)は2月21日、同局が管轄する3つのミュージアム(マカオ返還寄贈品博物館、マカオ芸術博物館、マカオ博物館)の春節ゴールデンウィーク6日間(2月5〜10日)の入館者数が前年の同じ時期から15%増、過去最多を更新する延べ8万2000人超に達したと発表。

マカオ芸術博物館が約5割増の延べ1万0922人、マカオ返還寄贈品博物館が88%増の3万8056人と顕著な伸長。単日では新春3日目にあたる2月7日の入館者数が最も多く、このうちマカオ博物館が延べ9498人に上ったとのこと。

ICMでは、インバウンド旅客及び市民の間でミュージアムに対する興味関心が高まっていることを示す結果とし、ミュージアム見学を通じてマカオの文化に対する理解も深まっているとした。

多くの人出で賑わう春節GW期間中のマカオ博物館(写真:ICM)

多くの人出で賑わう春節GW期間中のマカオ博物館(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース