マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオで今年2例目の輸入関連はしか感染確認…患者はカジノIR施設勤務の28歳女性、肺炎併発

社会・政治2019/02/27 14:08

マカオ政府衛生局(SSM)は2月26日夜、マカオではしか(麻疹)感染例を確認したと発表。患者はマカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)スターワールドホテルに勤務するマカオ非永久居民(非永久的居留権)の女性(28)で、肺炎を併発しているとのこと。

SSMの聞き取り調査に対し、患者は潜伏期間中の海外渡航歴がなかったが、2月4日から10日にかけて、ベトナムから10人以上の親族の訪問を受けたと回答。また、訪問者の中にいた生後6ヶ月の姪が2月8日に発熱し、ベトナムへ戻った後にはしか感染が確認されたという。SSMでは、患者の症状、渡航歴、接触歴等を考慮し、輸入関連性のはしか感染事案と判断。

患者は現在、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院の隔離病棟で入院治療中で、すでに熱は下がり、容体も安定しているとのこと。患者のマカオの家族、勤務先の同僚に類似の症状は出ていないというが、SSMが接触者に対する健康追跡を進めているとした。なお、患者はベトナム生まれで、はしかの予防接種は受けていなかった。

SSMでは、マカオは2014年に世界保健機関(WHO)からはしかの根絶達成を認定されたが、世界各地、特に中国本土、東南アジア、欧州では現在も流行が続いているとし、市民及びはしか予防接種を受けていない乳児の保護者に対し、注意と予防対策を呼びかけている。

マカオにおけるはしか感染確認例について、昨年は輸入性の3例のみだったが、今年に入って以降は今回のケースを含めて輸入関連性が2例、輸入性が2例の計4例に上る。

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)—本紙撮影

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース