マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2018年の実質経済成長率4.7%…一人あたりGDPは約913万円

産業・経済2019/02/28 17:50

マカオ政府統計調査局は2月28日、昨年第4四半期(2018年10〜12月期)及び通期のマカオ特別行政区の域内総生産(GDP)を公表。

昨年第4四半期のGDPは前年の同じ時期から実質2.1%増で、第3四半期との比較では0.2ポイントの上昇だった。第4四半期の経済成長を牽引したのはサービス輸出。外部需要の高まりが続き、前年同時期から5.2%増。内訳は、ゲーミング(カジノ)サービス輸出が6.7%増、その他ツーリズムサービス輸出が1.4%増。貨物輸出も10.2%増だった。一方、内需は弱い状態が続き、投資は14.3%の大幅減。しかしながら、個人消費、政府最終消費支出、貨物輸入はそれぞれ2.8%、3.4%、2.3%の増だった。

2018年通期では、実質4.7%の経済成長。ただし、成長ペースは下半期に著しく減速した。経済のエンジンであるサービス輸出と個人消費は増えたが、上半期の成長率が7.6%だったのに対し、下半期は2.0%にまで縮小。年間を通じて内需は精彩を欠き、民間建築投資の大幅減などを受けて前年から1.7%縮小。一方で、総就業人数と収入の増、政府支出の増によって個人消費が4.5%、政府最終支出が3.8%、貨物輸入が4.5%のそれぞれ増となり、投資減による影響の一部を相殺した。外需は緩やかな増加で、インバウンド旅客及び消費も伸び、サービス輸出は9.4%増。内訳は、ゲーミングサービス輸出が10.3%、その他ツーリズムサービス輸出が9.4%増。貨物輸出についても11.0%増だった。

2018年のマカオのGDPは4403億マカオパタカ(日本円換算:約6兆0307万円、米ドル換算:約8万2609米ドル)、一人あたりGDPは66万6893マカオパタカ(約913万円)。この他、GDPデフレーターは3.6%上昇、第4四半期の上昇幅は3.3%。

GDPの構成内訳をみると、貨物及びサービス純輸出が全体に占める割合は50.5%で、前年から3.5ポイント上昇。内需は3.5ポイント下落の49.5%。

また、統計調査局は、2018年第1四半期の経済成長率を9.3%に下方修正、第2四半期、第3四半期についてはそれぞれ6.0%、1.9%に上方修正した。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース