マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ警察、カジノ周辺で違法両替に従事する「換銭党」の大規模掃討作戦継続…直近14ヶ月で4千人超強制送還

社会・政治2019/03/09 10:48

昨今、マカオのカジノ施設内外において「換銭党」と呼ばれる違法な貨幣両替に従事する者が暗躍し、これにまつわる各種犯罪も頻発している。近年、マカオ警察総局では、換銭党を社会及びカジノにおける治安悪化の元凶と位置付け、大規模掃討作戦を複数回にわたって展開するなど、取り締まりを強化して臨んでいる。

マカオ警察総局は3月8日、換銭党の取り締まりに関するデータを公表。昨年(2018年)通期の摘発人数は3050人で、全員を強制送還し、2269人を再入境禁止処分とした。また、今年(2019年)については、1月の取り締まり実施回数が246回、摘発人数が545人で、全員を強制送還、411人を再入境禁止処分に。2月の取り締まり実施回数は208回、摘発人数が562人で、全員を強制送還、407人を再入境禁止処分にしたとのこと。

警察では、換銭党による違法行為を効果的に抑制するため、今後も継続して掃討作戦を展開し、治安リスクの低減と治安環境の浄化に努めるとした。

マカオ警察による換銭党掃討作戦の様子(写真:マカオ警察総局)

マカオ警察による換銭党掃討作戦の様子(写真:マカオ警察総局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース