マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、偽造カジノチップ使用の香港人高齢者1人逮捕…成功報酬目当てで現金化試みる

社会・政治2019/03/12 09:25

世界最大のカジノ売上を誇るマカオ。面積約30平方キロという小さな地域に大小およそ40軒のカジノ施設が軒を連ねる。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミング(カジノ)チップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。

チップはカジノフロアにあるキャッシャー(チップ交換所)カウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

マカオ司法警察局は3月11日、マカオ・コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設のカジノで偽造チップを使用したとして、香港人の自称無職の男(71)を巨額詐欺の疑いで逮捕したと発表。

警察発表によれば、被疑者は同月8日午後にカジノ施設のキャッシャーカウンターを訪れ、額面10万香港ドル(日本円換算:約142万円)のチップ1枚を現金に交換しようとしたという。キャッシャーの係員がチェックを行ったところ、2015年11月に使用を停止したタイプの偽造品であることが発覚したため、セキュリティスタッフを通じて警察に通報した。

警察の調べに対し、被疑者は偽造だったとは知らなかったとし、香港で大量のカジノチップを持つという見知らぬ男から額面10万香港ドルのチップ1枚を現金化してくるよう要求され、2万香港ドル(約28万円)の成功報酬を得る約束だったなどと話しているという。警察は男を巨額詐欺罪で送検する方針。

マカオにおいて同種の事件はしばしば発生しており、第三者からチップの現金化を依頼された場合、リスクを考慮する必要があるといえる。

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース