マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

伸長鈍化のマカオのカジノ売上、米シティは3月の予測を対前年2%増で維持

カジノ2019/03/13 11:28

マカオ政府博彩監察協調局が3月1日に公表した最新データによれば、マカオの今年(2019年)1〜2月累計のカジノ売上は前年の同じ時期から0.5%減の503.12億マカオパタカ(約6920億円)にとどまっている。昨年通期では対前年14.0%増で、伸長の鈍化が伺える。

3月は大型連休などがなく、市場ではカジノ売上の動向に大きな注目が集まっている。米シティグループは近日発出したマカオのカジノ業界に関する最新レポートの中で、2度の週末を含む3月最初の10日間のカジノ売上は86億マカオパタカ(日本円換算:約1183億円)、1日平均8.6億マカオパタカ(約118億円)と試算。今年1月、2月の1日平均はそれぞれ8.05億マカオパタカ(約111億円)、9.06億マカオパタカ(約125億円)。また、3月の月間カジノ売上については、対前年2%増の265億パタカ(約3645億円)とする事前予測の数値を維持するとした。3月の11日目以降は1日平均売上は8.5億パタカ(約117億円)で推移することを意味する。

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース