マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

高速船ターボジェットがマカオ・タイパ〜香港・九龍線に新規就航

珠江デルタ2019/03/23 09:46

香港とマカオを結ぶ高速船サービス「ターボジェット(噴射飛航)」を運営するシュンタック・チャイナトラベル・シップマネジメント社は3月22日、同月25日からマカオ・タイパ島の北安地区にあるタイパフェリーターミナルと香港・九龍(尖沙咀)のチャイナフェリーターミナルを結ぶ新路線を開設すると発表した。

同社は、新路線開設の理由として、マカオ側のタイパフェリーターミナルに近いコタイ地区において、大型IR(統合型リゾート)が相次ぎオープンしていることに加え、新交通システムの「マカオLRT」タイパ線が今年(2019年)下半期にも開通することを受け、旅客需要が高まっているためとした。マカオLRTタイパ線は、タイパ・フェリーターミナルを起点とし、マカオ国際空港、コタイ地区の主要エリア、マカオ競馬場などを巡るルートとなる。

ターボジェットのタイパ〜九龍線は、タイパ>九龍方向が1日2往復、九龍>タイパ方向が1日3往復からスタート。新規就航を記念した往復割引プロモーションを実施するとのこと。また、今後の増便についても含みを持たせており、最新情報は公式ウェブサイトを通じて随時発表するとした。

なお、タイパ〜九龍線には、すでに「コタイウォータージェット(金光飛航)」が就航しており、こちらはタイパ>九龍方向が1日4往復、九龍>タイパ方向が1日5往復となっている。

ターボジェット、コタイウォータージェットともに、香港側は香港島の香港マカオフェリーターミナルを主要拠点とし、前者はマカオ半島の外港フェリーターミナル、後者はタイパフェリーターミナルとの間を結ぶ路線が主力となっている。

香港〜マカオ間の往来について、これまで海路ルートが主だったが、昨年(2018年)10月24日に香港とマカオなどを結ぶ港珠澳大橋が開通し、新たにバスなど陸路のアクセス手段が登場。マカオ政府発表の統計によれば、大橋の開通後、海路ルートの出入境旅客が減少しており、旅客の分散化が進んでいる状況だ。

マカオ・外港フェリーターミナル沖を航行中のターボジェットの高速船Universal MK 2013号(資料)=2016年4月-本紙撮影

マカオ・外港フェリーターミナル沖を航行中のターボジェットの高速船Universal MK 2013号(資料)=2016年4月-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース