マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノで不正行為の中国人ギャンブラー逮捕…ベット締め切り後に当たり目へ張る

社会・政治2019/03/28 09:46

マカオ司法警察局は3月26日、マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)併設のカジノにあるシックボー(大小)のゲーミングテーブルで不正行為をした中国本土出身の自称商人の男(33)を逮捕したと発表。

警察発表によれば、被疑者は3月22日午後2時頃、すでにベット受け付けを締め切り、ゲームがスタートしたシックボーのテーブルにチップを張ろうとしたところ、ディーラーに制止されたが、混乱に乗じて配当50倍となる当たり目の「5、5、1」の位置に後出しで600香港ドル(日本円換算:約8420円)分のゲーミングチップを置いたとのこと。当時、テーブルの周囲には多くのギャンブラーがおり、ごった返していたという。

ディーラーが被疑者の行動の一部始終を見ていたことから、すぐに被疑者を制止し、セキュリティ部門に連絡。通報を受けた司法警察局の警察官が現場に駆けつけ、被疑者を逮捕した。被疑者は警察の調べに対し、犯行を否認しているというが、警察は男を詐欺罪で送検した。

シックボー(大小)のゲーミングテーブルのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて本紙撮影

シックボー(大小)のゲーミングテーブルのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年6月24日発刊 (7月号 vol.097」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース