マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、風疹感染者が今年計17人に…患者は2つのカジノホテル従業員に集中

社会・政治2019/04/14 10:06

マカオ政府衛生局(SSM)は4月13日、風疹(三日ばしか)感染者を新たに1名確認したと発表。風疹患者の確認は2日連続。

今年の感染者数は17人(昨年は1人のみ)に達しており、SSMが医療従事者や市民、特にワクチン未接種の妊婦へ予防策を講じるよう呼びかけた。

4月に入って以降に確認された患者のうち、およそ半数がコタイ地区にあるIR(大型統合型リゾート)「シティ・オブ・ドリームズ」とマカオ半島新口岸地区にあるカジノ付きリゾートホテル「スターワールド」の従業員とのこと。13日に新たに確認された患者もシティ・オブ・ドリームズ勤務のフィリピン人の男性(29)だった。SSMでは、接触者に対する健康追跡調査を進めているほか、運営会社に対して施設内の消毒、従業員の健康状況のモニタリング、ワクチン未接種の妊娠中の従業員への適切な対応を指導した。SSMは4月12日にスターワールドへ看護師を派遣し、妊娠中の同施設従業員への抗体検査を実施し、14人が参加したとのこと。15日にも再度実施する予定という。

マカオは面積約30平方キロ、人口約66万人(海外労働者約18万人含む)の小さな都市だが、昨年の訪マカオ外客数は年間3580万人超に達しており、人口密度が極めて高く、人の出入りも多い。

SSMがスターワールドで実施した妊娠中の同施設従業員への抗体検査の様子=2019年4月12日(写真:SSM)

SSMがスターワールドで実施した妊娠中の同施設従業員への抗体検査の様子=2019年4月12日(写真:SSM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース