マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際旅行博閉幕…3日間合計約3.4万人来場=日本パビリオン出展、くまモンがラグビーW杯PRも

澳日関係2019/04/30 15:35

マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールで3日間にわたって開催された第7回マカオ国際観光(産業)エキスポ(MITE)が28日に開幕した。MITEはマカオ特別行政区旅遊局(MGTO)の主催で毎年この時期に開催される年間最大の国際旅行博。

MGTOが4月30日に発表した総括によれば、エキジビション会場面積は前回(2018年)の2倍となる2万2000平米、日本を含む世界54の国と地域から452の出展者(標準ブース換算で835コマ)が集まり、過去最大規模での開催だったとのこと。

3日間合計の一般来場者数は3万3944人(延べ、以下同)で、前年の4万0120人には及ばなかった。前回は3日間を通じてパブリックオープンだったが、今回は初日にトレードデーが設定され、パブリックオープンは2日目と3日間のみに変更された。招待バイヤーが318人とプロフェッショナルバイヤーが154人参加し、会場内で7000件超のビジネスマッチング交渉が行われ、34件が契約締結に至ったという。

日本については、日本政府観光局(JNTO)と在香港日本国総領事館が広い会場内でもひときわ目立つサイズ(面積360平米)のジャパンパビリオンを展開。JNTOのほか栃木県、長野県、鳥取県、福岡県、佐賀県、長崎県、宮崎県、鹿児島県から自治体、観光協会、観光スポット及びアトラクション、ホテルなど21の出展者が一堂に会し、ブース展示及びパビリオンの一角に設営されたステージでのパフォーマンスやトークショーを通じて訪日観光に関する最新情報を発信した。

また、エキジビション会場メインステージにもラガーシャツ姿のくまモンが登場し、熊本のほか九州2県(福岡、大分)が開催地となるラグビーW杯2019日本大会のPRを行った。

マカオ国際旅行博ステージでラグビーW杯2019日本大会をPRするくまモン(写真:MGTO)

マカオ国際旅行博ステージでラグビーW杯2019日本大会をPRするくまモン(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース