マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ海事博物館が約3ヶ月ぶりに再開

観光2019/05/15 16:58

マカオ政府海事・水務局(DSAMA)は5月15日、今年2月中旬から大規模メンテナンス工事のため休館していた「海事博物館」が再オープンしたと発表した。

海事博物館は2017年8月23日にマカオを襲った超大型台風により建物、展示物に大きな被害が発生したことを受けて休館。およそ4ヶ月後の同年12月にオープンにこぎつけるも、エレベーターが稼働しない状態が続いていたほか、一部展示物の入れ替えの必要となり、今年2月中旬から約3ヶ月かけて工事を進めてきた。

同館は1990年のオープンで、世界遺産・媽閣廟及びバラ広場に面した場所に位置する。マカオの海にまつわる民俗、歴史、技術に関する展示が中心で、小さな水族館コーナーもある。

オープン時間は10時から午後6時,毎週火曜日が休館。今週末(5月18、19日)は国際ミュージアムデイを記念して入場料が無料となるとのこと。屋外カフェで「内港」をテーマにした展示やワークショップ、ゲームなどのイベントを開催予定とのこと。

約3ヶ月ぶりに再開したマカオ海事博物館(写真:DSAMA)

約3ヶ月ぶりに再開したマカオ海事博物館(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース