マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、約3ヶ月前に発生したカジノチップ窃盗事件の容疑者逮捕

社会・政治2019/05/20 09:48

マカオ司法警察局は約3ヶ月前にコタイ地区のIR(統合型リゾート)併設のカジノ施設で発生したチップ窃盗事件について、このほど被疑者の香港人の男(62)の身柄確保に成功し、加重窃盗罪で逮捕、送検したと発表。

事件が発生したのは今年2月27日未明のこと。ゲーミングテーブルでプレイしていたギャンブラーから、所持していた額面10万香港ドル(日本円換算:約140万円)のチップ1枚がなくなったとする通報が警察に寄せられ、警察が捜査に着手。防犯カメラ映像などから被疑者の身元を特定し、5月15日に被疑者が中国本土からマカオへ再入境した際にイミグレーション施設内で身柄の拘束に成功した。

被疑者は現場となったカジノ施設でゲームに負け、持ち金を使い果たしたところ、カジノテーブルでゲームに熱中していた男がチップ1枚を床に落としたのに気づいていないことに目をつけ、チップを踏みつけた上、隙を見てそれを拾ってからカジノを離れたという。その後、再び同じカジノ施設へ戻り、拾ったチップを使ってゲームに臨んだが、負けてチップを使い果たし、広東省珠海市へ移動したなどと説明し、犯行を認めたとのこと。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。

ゲーミングチップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばゲーミングチップを狙った犯罪が発生している。

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

カジノフロアの監視システムのイメージ(資料)=マカオ理工学院ゲーミングティーチング&リサーチセンターの模擬カジノ施設にて-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース