マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

セガサミークリエイションがG2Eアジア2019でセガIPスロットゲームを初披露…第1弾は『バーチャ・ファイター』と『ハウス・オブ・ザ・デッド』

カジノ2019/05/21 18:07

セガサミークリエイション株式会社はきょう(5月21日)からマカオで開催中の国際カジノ見本市「Global Gaming Expo Asia(G2Eアジア)2019)」にて、セガIPを使用した新規ビデオスロットゲーム『Virtua Fighter BATTLE GENESIS™(バーチャ・ファイター・バトル・ジェネシス)』と『HOUSE OF THE DEAD SCARLET DAWN BATTLE GENESIS™ (ハウス・オブ・ザ・デッド・スカーレット・ドーン・バトル・ジェネシス)』の2タイトルを初披露した。

両タイトルは今夏マカオをはじめとするアジア各国・地域でリリース予定といい、すでに複数の大型カジノ施設への設置が決まっているとのこと。

セガのオリジナルIPの代表格に挙げられる「Virtua Fighter」シリーズは、世界初の3D格闘ゲームとして1993年にリリースされ、25年以上経った今でも、世界中の格闘ゲームファンから愛される大人気対戦格闘ゲームだ。アーケードゲームのほか、家庭用ゲーム、モバイルゲーム、アニメ、コミック、パチンコ・パチスロ等幅広いジャンルへ展開されている。本スロットゲームでは、プレーヤーは結城晶(ゆうきあきら)に扮し、お馴染みの顔ぶれと激しいバトルを繰り広げるという。シンボルに晶の必殺技が出現する等、オリジナルゲームを彷彿させる演出が多数盛り込まれているとのこと。

ゾンビを撃ち倒すガンシューティングゲームとして世界的人気を誇る「HOUSE OF THE DEAD(HOD)」シリーズは、1997年に第1作目がリリース。以降、アーケード版だけでなく家庭用ゲーム、モバイルゲーム、映画等に幅広く展開。最新作は2018年にリリースされ、20年以上に渡りファンを魅了している。本スロットゲームではホラー映画を想起させるBGMやカメラカット等に加え、HODシリーズならではの次々とゾンビを倒す爽快感をボーナスフィーチャーで体験できるという。スロットゲームでありながら、ガンシューティングゲームさながらの手に汗握るエキサイティングな演出が特徴とのこと。

両タイトルには、スロットリールを用いてバトルを行う特許出願中のボーナスフィーチャー『Battle Challenge feature(バトル・チャレンジ・フィーチャー)』が搭載されている。このフィーチャーでは、出現するシンボル数の多さで勝敗を決め、プレーヤーが勝利した場合にはボーナスプライズを獲得できるという。世界的に人気の高いIPゲームであると同時に、今までにない新たなボーナスフィーチャーを搭載したセガIPシリーズは、既存のスロットプレーヤーだけに限らず、新たなプレーヤー層の取り込みに貢献できるスロットゲームとなりそうだ。

『Virtua Fighter BATTLE GENESIS™』と『HOUSE OF THE DEAD SCARLET DAWN BATTLE GENESIS™』の筐体イメージ ©SEGA ©SEGA SAMMY CREATION INC.

『Virtua Fighter BATTLE GENESIS™』と『HOUSE OF THE DEAD SCARLET DAWN BATTLE GENESIS™』の筐体イメージ ©SEGA ©SEGA SAMMY CREATION INC.


「G2Eアジア2019」のセガサミークリエイションブース ©SEGA SAMMY CREATION INC.

「G2Eアジア2019」のセガサミークリエイションブース ©SEGA SAMMY CREATION INC.

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース