マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの世界遺産・市政署ビルが落書き被害

社会・政治2019/05/24 11:47

マカオ市政署は5月23日、マカオ半島新馬路の「マカオ歴史市街地区」にある市政署ビル(旧名称:民政総署ビル)の壁面に落書きされているのを発見し、警察へ通報するとともに、文化局と情報共有を行ったと発表。

市政署によれば、文化局の意見を聞いた上、警察の調査が終わり次第、修復を進める予定とのこと。

市政署ビルを含む22の建築物及び広場から成るマカオ歴史市街地区は2005年にユネスコ世界文化遺産リストに登録されており、文化遺産保護法の対象となっている。市政署では、落書き行為は同法違反にあたり、違反者には最大2万マカオパタカ(日本円換算:約27万円)の罰金が科せられるとした。

世界遺産「市政署ビル」(資料)=マカオ・新馬路(写真:GCS)

世界遺産「市政署ビル」(資料)=マカオ・新馬路(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース