マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオで5ヶ月間にわたる大規模視覚芸術祭「アートマカオ」初開催…街全体が美術館に=日本パビリオンも出展

観光2019/05/28 19:57

マカオでは今年(2019年)6月から10月にかけて「アートマカオ」と題した大規模視覚芸術祭が初開催される。

5月28日、概要発表記者会見が開かれた。アートマカオはマカオ政府文化局(ICM)と旅遊局が主催し、カジノIR(統合型リゾート)運営事業者6社が協賛、参加するとのこと。コンセプトは「街全体が美術館」。マカオ各所に点在する44の会場で、マカオ政府、マカオのカジノIR運営企業、世界各国の在香港領事館によるエキジビション、アートセミナー、ワークショップなど40のプログラムがラインナップ。そのほとんどが無料で見学、参加できるという。

在香港日本国総領事館も日本パビリオンを出展する。6月18日から9月22日まで、マカオ半島の塔石広場に面した「塔石ギャラリー」で凸版印刷(香港)の協力による革新的な印刷技術を使った日本文化に関するポスター展のほか、日本の地方自治体やアートギャラリー、個人の協力によるポップアップイベントを開催予定とのこと。

アートマカオのプログラム詳細は公式ウェブサイト(http://www.artmacao.mo)で確認することができる。

「アートマカオ」概要発表記者会見=2019年5月28日(写真:ICM)

「アートマカオ」概要発表記者会見=2019年5月28日(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース