マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

今年初開催の大規模視覚芸術祭「アートマカオ」記者発表会で日本人パティシエ作のチョコレートアート披露

澳日関係2019/05/29 10:33

マカオでは今年(2019年)6月から10月にかけて「アートマカオ」と題した大規模視覚芸術祭が初開催される。市内44の会場で40のプログラムがラインナップされており、街全体が美術館となる見込み。在香港日本国総領事館も日本パビリオンを出展予定。

5月28日にマカオ半島中心部にある高級リゾートホテル、グランドリスボアマカオ開かれたアートマカオ概要発表記者会見の会場には、甘いチョコレートの香りが漂っていた。この日のために用意されたという高さ1.2メートル、重さ72キログラムの100%ピュアチョコレートを使ったアート作品によるものだ。実はこの作品を手がけたのは、日本人パティシエ。グランドリスボアマカオのエグゼクティブ・ペストリー・シェフを務める村中徳仁さんが中心となり、同ホテルにあるミシュランガイド香港マカオ版で星を獲得したレストランのシェフたちと制作にあたったという。

村中さんは日本の北海道出身。フランスで腕を磨き、ドバイを経て約2年前に現在のポジションに着任した。以来、伝統と格式あるグランドリスボアマカオで創意工夫を盛り込み、和の要素もうまく織り交ぜたスイーツを次々とデビューさせ、高い評判を獲得している。

「アートマカオ」記者会見でステージに登壇した村中徳仁さん2019年5月28日(写真:Grand Lisboa Macau)

「アートマカオ」記者会見でステージに登壇した村中徳仁さん2019年5月28日(写真:Grand Lisboa Macau)

今回のチョコレートアートについて、マカオの豊富な文化遺産とモダニズムは世界のどこにもない魅力とし、作品を通じてマカオ文化のバックグランドとなる東西文化の融合への敬意を示すとともに、マカオの輝かしい未来を表現したとコメント。

村中さん作のスイーツが数多く並ぶグランドリスボアマカオU2階の「ラウンド・ザ・クロック・コーヒーショップ」にて、今回のチョコレートアートのミニサイズ版となる12個入りの限定チョコレートボックを1箱120マカオパタカ(日本円換算:約1620円)で販売予定とのこと。

「アートマカオ」記者会見に向けチョコレートアート作品を準備する村中徳仁さん=2019年5月28日(写真:Grand Lisboa Macau)

「アートマカオ」記者会見に向けチョコレートアート作品を準備する村中徳仁さん=2019年5月28日(写真:Grand Lisboa Macau)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース