マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、端午節3連休のインバウンド旅客数が前年比58.5%増の約40万人に

産業・経済2019/06/10 17:55

マカオは面積約30平方キロ、人口約66万人(海外労働者約18万人含む)の小さな都市だが、昨年のインバウンド旅客数は年間延べ3580万人超に達した。訪マカオ旅客数に占める中国本土旅客の割合はおよそ7割となっている。

マカオ治安警察局は6月10日、中国本土や香港で3連休となった端午節ホリデー(6月7〜9日)の出入境統計を公表。

3日間合計の出入境者数はから174万3555人(延べ、以下同)。イミグレーション施設別では、マカオ半島北部の關閘イミグレーション経由が123万8933人で最も多かった。次いで、昨年10月にオープンしたばかりの港珠澳大橋マカオ側イミグレーション経由の14万7189人。インバウンド旅客は前年同時期(2018年6月18〜20日)から58.5%の大幅増となる39万7101人に達した。

マカオ随一の観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡(資料)=2016年7月-本紙撮影

マカオ随一の観光名所、世界遺産・聖ポール天主堂跡(資料)=2016年7月-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース