マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ・コロアン島の海水浴場「ハクサビーチ」に通常より多くゴミ漂着…風向きの変化影響か

社会・政治2019/06/17 09:04

カジノIR(統合型リゾート)や世界遺産のイメージが強いマカオだが、最も南に位置するコロアン島には豊かな自然が残り、海水浴場も2ヶ所存在する。

マカオ政府海事・水務局(DSAMA)は6月16日、2ヶ所ある海水浴場のうち、規模の大きい「ハクサビーチ(黒沙海灘)」において、職員による同日朝の巡回時に通常より多くのゴミが漂着しているのを発見したと発表。清掃会社が人手を増やして対応したが、作業は夜まで続き、17日午前にも再度作業する必要があるとした。同局によれば、風向きが東から南東方向に変わったことが原因との見方を示している。

なお、もうひとつの「チョクワンビーチ(竹灣海灘)」については異常はないという。

ハクサビーチに通常より多くのゴミが漂着し、人手を増やして清掃作業が実施された=2019年6月16日(写真:DSAMA)

ハクサビーチに通常より多くのゴミが漂着し、人手を増やして清掃作業が実施された=2019年6月16日(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース