マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ返還20周年記念サッカー大会、サウサンプトンFCが広州富力に快勝…日本代表吉田麻也選手も出場

その他2019/07/24 10:32

昨夜(7月23日)、マカオ・タイパ島の奧林匹克體育中心運動場(オリンピックスポーツセンタースタジアム)でマカオ特別行政区成立(マカオ返還)20周年記念国際サッカー大会が開催され、およそ9000人の観客がスタジアムに集まった。

対戦カードは日本の吉田麻也選手が所属するイングランドプレミアリーグのサウサンプトンFCと中国スーパーリーグの広州富力で、サウサンプトンFCのメンバーとして日本代表の吉田麻也選手も出場。試合は開始直後の前半1分にサウサンプトンFCのFWチェ・アダムズ選手(イングランド)のロング弾で均衡が破れ、その後も18分にFWシェーン・ロング選手(アイルランド)、38分にDFヤン・ヴァレリー選手(フランス)のシュートがゴールを揺らし、前半終了時点で3:0。後半、試合が膠着状態となる時間帯もあったが、サウサンプトンFCの優勢は変わらず、DFクリストフ・クラーラー選手(オーストリア)が追加点を決め、結果は4:0でサウサンプトンFCの快勝だった。

試合終了後のセレモニーでは、この試合でサウサンプトンFCの主将を務めた吉田選手がマカオ政府社会文化庁の譚俊榮(アレクシス・タム)長官から優勝カップを受け取った。MVPはサウサンプトンFCのDFジェイク・ボキンズ選手(イングランド)。

吉田選手は試合後の記者会見で、「英国と違う高温多湿の環境の中、チームのパフォーマンスに満足しており、多くの若い選手たちが素晴らしいプレーを見せ、マカオのファンも楽しんでくれたのではないか」とした上、「近年アジアのサッカーは進歩を続け、ヨーロッパのクラブチームでもアジア選手の実力を発揮できており、ヨーロッパで7シーズンプレーしているサッカー選手として、将来より多くのアジアのサッカー選手がヨーロッパを舞台に活躍するのをとても期待している」とコメントした。

優勝カップを手にするサウサンプトンFCの吉田麻也選手(左)とMVPに選ばれた同ジェイク・ボキンズ選手=2019年7月23日(写真:マカオ政府体育局)

優勝カップを手にするサウサンプトンFCの吉田麻也選手(左)とMVPに選ばれた同ジェイク・ボキンズ選手=2019年7月23日(写真:マカオ政府体育局)


マカオ特別行政区成立20周年記念国際サッカー大会で攻撃参加するサウサンプトンFCの吉田麻也選手(左二)=2019年7月23日(写真:マカオ政府体育局)

マカオ特別行政区成立20周年記念国際サッカー大会で攻撃参加するサウサンプトンFCの吉田麻也選手(左二)=2019年7月23日(写真:マカオ政府体育局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース