マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノ街で強盗事件、ATMへ入金に訪れた高齢者がフォークで襲われる…中国本土出身の男逮捕

社会・政治2019/08/06 11:16

マカオ治安警察局は8月5日、同月3日深夜、カジノ施設が建ち並ぶマカオ屈指の繁華街として知られるマカオ半島新口岸地区にあるATMコーナーで強盗事件が発生したと発表。

警察発表によれば、70代の男性(被害者)が現金12万香港ドル(日本円換算:約163万円)を入金するためATMコーナーを訪れ、マシンを操作しようとしていた際、野球帽をかぶった男が中に入ってきたため、相手に外で待つよう伝えたところ、突然フォークを手にして襲いかかってきたという。その後、もみ合いになり、被害者の所持していた現金が床に散らばり、混乱に乗じて男が3000香港ドル(約4万円)を奪って逃走したとのこと。

被害者から通報を受けた警察が捜査に着手し、まもなく現場付近の駐車場で破れたシャツを着ている不審な男を発見。この男に対して職務質問を行ったところ、犯行を認めたという。男は警察の調べに対し、被害者の態度が悪かったためやったとし、凶器のフォークは食事のために持ち歩いていたものと説明したとのこと。犯行に使われた凶器と犯行時に着用していた野球帽は現場近くのゴミ箱から発見された。被害者の男性は顔、首、背、両腕、胸に傷を負っており、病院で手当てを受けたという。警察では、被疑者の中国本土出身の30代の男について、強盗、禁止武器所持、障害罪で送検する方針。

マカオ半島新口岸地区のATMコーナーで発生した強盗事件で使われた凶器のフォーク等(写真:マカオ治安警察局)

マカオ半島新口岸地区のATMコーナーで発生した強盗事件で使われた凶器のフォーク等(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース