マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

コタイジェット12%値上げ申請―コスト高

産業・経済2013/03/06 12:39

サンズチャイナ社傘下のコタイジェットが運営コストの持続的上昇に伴い、昨年10月平均12%の値上げ申請を政府に対して提出したという。

6日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。サンズチャイナ社及びコタイジェットの運営管理を行う珠江船務によると、2007年の就航以来の5年間を通じて赤字が続いており、11年に値上げを実施したものの状況は完全に改善できていないという。現在、燃油、従業員給与、メンテナンス費用が持続して上昇しているため、サービス品質の維持のためにも政府による早期の値上げ申請許可を切望するとしている。

両社の担当者によると、12年の営業コストは前年と比較して2桁増とのこと。ここ2年では燃油費の負担が大きく、営業コストの4割程度を占める。燃油価格は07年から2倍にまで膨らんだ上、市場予測では今後も上昇基調にあるという。650人以上いる従業員の給与についても、毎年平均5%のベースアップがあり、今年もまた調整を予定しているとのこと。就航後5年が経ち、船のメンテナンス費用も増加しており、為替の関係からオーストラリア製の船にかかるメンテナンス用パーツ費用も上昇しているという。

11年9月に実施した値上げは07年の就航後初となるもので、値上げ幅は券種により10-13%だった。しかし、コスト増を賄い切れていないことから、昨年(12年)10月に再度平均12%の値上げ申請を行ったという。なお、マカオ市民向けのプロモーションとして券種により11-14パタカ/香港ドルの割引も予定しているといい、いずれ15パタカ/香港ドルにまで割引を拡大したいとの意向もあるという。

コタイジェットは07年の就航以来、累計3,000万人の輸送実績があるという。12年の旅客数は約750万人で、マカオを出発するフェリーの3分の1を占める。現在、ピーク時は110本/日、平時は80本/日を運航する。

タイパフェリーターミナルに停泊中のコタイジェット(資料)―本紙撮影

タイパフェリーターミナルに停泊中のコタイジェット(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース