マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

GEGが日本-マカオIRマネジメントメンターシッププログラムを拡大実施…業界の専門家から知見とホスピタリティスキルを学ぶ機会を日本の学生に提供

澳日関係2019/08/14 19:25

マカオで複数のIR(統合型リゾート)を運営するギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は、今年(2019年)8月26日から3週間にわたって、「GEG 日本-マカオIRマネジメントメンターシッププログラム」(以下「メンターシッププログラム」)を実施することを発表。同プログラムは、GEGによって設立された非営利団体であるGEG基金の協力のもと、マカオにおいて実施される。

近い将来に開業が見込まれるIRは、日本にとって新たな産業であり、人材の育成が必須といえる。「メンターシッププログラム」は、IR施設における実地研修を通してIRの学術的な知見や運営方法を含む専門的なスキルを身につけることで、将来、IRを含む日本のホスピタリティ産業の担い手となり得る人材の育成を目的としており、今年で2年目を迎える。

昨年、日本の学術研究機関とその学生を支援するための初の取り組みとして、東洋大学の協力により、試験的プログラムが実施され、同大学生が参加。今年は、参加学術機関・企業と参加者数も拡大し、東洋大学、京都産業大学、福岡大学、オークラ ニッコー ホテルマネジメントとなる予定。

本年度のプログラムでも、マカオ大学講師陣との協力による学術的講義から、GEGの旗艦IR施設であるギャラクシーマカオにおいて飲食およびホテルのマネジメント、エンターテインメント、リテール、イベントマネジメント、マーケティング、CSR活動などIRの運営について総合的に学ぶことができる。

GEGでは、日本政府が掲げる成長戦略の柱のひとつである観光産業の継続的発展へ貢献することを心がけており、来年度以降も、日本とマカオの教育機関および企業と協力し、同プログラムをさらに発展・拡大していく予定だ。

GEGのフランシス・ルイ副会長は、今回のメンターシッププログラム実施にあたり、「GEGが日本の次世代を担う若い学生にIR産業について海外での実地経験を通して学ぶ機会を提供できることは非常に意義のあることと思うっています。私たちはマカオや香港において、次世代支援の一環として、将来のキャリアのために最良な機会を提供することを常に目指しています。日本でも持続可能で責任あるIR開発と運営には、現地の優秀な人材確保がカギとなります。将来IR産業やホスピタリティ産業で働くことを希望する日本の若い世代への継続的な支援を通して、今後も日本社会に貢献したいと考えています。」とコメント。

GEGでは、あわせて、マカオの若者が海外、特に日本で同様の経験ができる機会についても日本とマカオの学術機関と企業との協力のもと2020年初頭以降に計画している。この関連プログラムは、「GEGマカオ―日本IRインターンシッププログラム」で、オークラ ニッコー ホテルマネジメントの運営するグループホテルと提携して、マカオの学生が、日本で6ヶ月間のインターンシップに参加し、観光学研究機関でホテルマネジメントを学ぶもの。GEGの持つIR運営の知識や経験と、日本の伝統的なサービス哲学といえる「おもてなし」の精神とを、このプログラムによって相互に学び合うことができ、ひいてはマカオのIR産業をより良いものにすることへと繋がることが期待される。

GEGのフランシス・ルイ副会長(資料)-本紙撮影

GEGのフランシス・ルイ副会長(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース