マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、勤務先から約41万円分のチップ持ち出したカジノディーラー逮捕…社員食堂で同僚に見つかる

社会・政治2019/08/21 18:53

 マカオ司法警察局は8月20日、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設のカジノ施設に勤務するマカオ人のカジノディーラー職の男(23)について、勤務先から3回にわたって計3万香港ドル(日本円換算:約41万円)分のゲーミング(カジノ)チップを盗み出したとして業務上横領罪で逮捕、送検したと発表。

 警察発表によれば、同月16日夜、カジノ施設のバックヤードにある社員食堂でディーラー職の男が額面1万香港ドルのチップを靴の中に隠そうとする一部始終を監視部門勤務の同僚が目撃。その後、監視部門でこのディーラーの勤務時の様子を監視カメラ映像を確認したところ、同月15、16日にかけて、3回にわたって担当するゲーミングテーブルのチップ置き場から額面1万香港ドル(約13.6万円)のチップを1枚ずつ取り出し、手のひらやユニフォームの袖の部分で隠しながら持ち場を離れていたことが判明。監視部門から連絡を受けたセキュリティ部門のスタッフがディーラーの靴の中を調べたところ、額面1万香港ドルのチップ1枚が見つかり、警察に通報がなされたという。その後、警察が調査に着手し、ディーラーの個人用ロッカーと自宅から額面1万香港ドルのチップをそれぞれ1枚ずつ発見。被疑者は警察の調べに対し、犯行を認める供述をしたとのこと。

 マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくチップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚10万香港ドル(約136万円)以上の高額チップも存在する。

 チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース